岡本茉利さんプロフィール

本名 野田 睦美(のだ むつみ)
生年月日 昭和29(1954)年10月31日
出生地 東京都豊島区
生まれは東京ですが大阪府枚方市で育ち、1970年頃まで在住
(福岡県にも在住した時期あり)
なお、岡本さんが三重県生まれと記載されている書籍もありますが、
これは岡本さんのお父様の本籍地が誤って記載された
為で、岡本さんご本人は三重県への在住歴は無いそうです。
血液型 B型
最終学歴 文化学院専門学部仏文科を昭和51(1976)年に卒業
所属事務所 沢竜二事務所(舞台・ドラマ等の仕事の際)
声優事務所の所属歴 オフィス・テブ(1979年頃まで?)→ぷろだくしょんバオバブ(1983年頃所属?)→
オフィスボロ(1985年頃所属?)→マウスプロモーション(1990年代中頃?〜2010年10月まで)

ALBA(2011年12月から2012年7月まで)→81プロデュース(2013年4月から)

以下の部分は
1979年刊行の「別冊てれびくん」及び1981年刊行の「アニメ声優24時」等からの引用です

岡本茉利と言う芸名の由来 本名の欠点をカバーするつもりで自分で姓名判断して決めた
趣味・特技 日本舞踊 地唄舞 殺陣 乗馬 スキューバダイビング 花の写真を撮る事 一級小型船舶免許
好きな作家 マルセル・プルースト 日本人では樋口一葉
好きな言葉 「教えるとは、共に未来を語ることである」
好きな色 ピンク
好きな食べ物 お寿司 魚 お刺身
世の中で一番嫌いなもの ネズミとゴキブリ
好きなアニメのキャラクター 大柿キク子
思い出に残っている仕事 「いなかっぺ大将」
やってみたい役 「ローマの休日」のオードリー・ヘプバーンのアテレコ
自分の魅力 顔が丸い所
自己PRを一言 「いい俳優である前に、いい人間でありたい」

主な経歴
内容
昭和36(1961)年松竹映画「喜劇 団地親分」(公開は翌年)でデビュー。 当時の芸名は本名の野田睦美
以降昭和45(1970)年ごろまでは大阪を中心に活動
昭和37(1962)年京都の児童劇団「ポニー」に入団
昭和38(1963)年NHK大阪放送児童劇団に入団
昭和42(1967)年3月大阪梅田コマ劇場で行われた
越路吹雪主演のミュージカル「メイム」に少年パトリック役で出演する。
このパトリック役は、オーディションで四百人以上の候補の中から選ばれたもの
昭和45(1970)年4月にフジ系アニメ「昆虫物語 みなしごハッチ」で声優デビュー
同年10月からのフジ系アニメ「いなかっぺ大将」大柿キク子役が初の声優レギュラー作品
この年に芸名を岡本茉利に改名している模様。(”岡本茉莉”等と誤記される事もしばしば)
昭和46(1971)年12月公開の松竹映画「男はつらいよ 寅次郎恋歌」(第8作)大空小百合役で出演
寅さんシリーズにはこの後大空小百合役で3作品に出演した他、色々な役で出演している。
昭和49(1974)年10月からフジ系アニメ「てんとう虫の歌」一週月美役で出演
昭和50(1975)年10月からフジ系アニメ「タイムボカン」淳子役で出演
同年10月公開の松竹映画山田洋次監督の「同胞(はらから)」福田愛子役で出演
山田作品の中でも岡本さんの出番が多い作品
昭和52(1977)年1月からフジ系アニメ「ヤッターマン」アイちゃん役で出演
岡本さんが出演されたアニメの中の一番の代表作
昭和54(1979)年2月からテレ朝系アニメ「花の子ルンルン」に主人公ルンルン・フラワー役で出演
ヤッターマンと並んで岡本さんのアニメでの代表作となる
そして同年7月舞台「終三十郎」出演をきっかけに、沢竜二氏の門下に入る。
昭和56(1981)年3月からテレ朝系アニメ「おはよう!スパンク」森村愛子役で出演
また「スパンク」放送直前には「岡本茉利公認FC」が作られる。
なおファンクラブの活動はアニメ「ピュア島の仲間たち」開始直前の1983年夏頃までだった模様
昭和57(1982)年1月新宿紀伊國屋ホールで「岡本茉利ファーストリサイタル」が行われる。
昭和60(1985)年沢竜二氏のアメリカ公演に参加(86年も)
平成2(1990)年11月に沢竜二氏のハワイ公演に参加
平成11(1999)年沢竜二氏のラスベガス長期公演に参加
平成14(2002)年沢竜二氏のブラジル公演・エチオピア公演に参加
平成18(2006)年7月に沢竜二氏のニューヨーク公演「サムライミュージカル」に参加
平成19(2007)年3月から宮崎県高原町のふるさと大使を務める
11月に沢竜二氏のニューヨーク公演「帰ってきた沢竜二〜ザ大衆演劇ニューヨーク公演」に参加
平成20(2008)年10月に沢竜二氏のニューヨーク公演・11月にブラジル公演に参加
平成25(2013)年3月に第7回声優アワード「シナジー賞」を受賞

三島由紀夫氏、松浦竹夫氏の浪曼劇場に部外研究生入団していたことも(時期は不明)
現在は、舞台を中心にアニメ・ドラマなどで活躍中

最近の活動状況
舞台公演への出演がメイン
出演する公演は、沢竜二氏や劇団竜劇隊関係の公演が多い
最新のテレビ出演は2018年に放送されたドラマ「昭和元禄落語心中」の写真屋の女性役
アニメ出演は2017年に放送された「バンドリ!」の市ヶ谷万実役

舞台の”所作指導”を担当する事も

トップページへ戻る