『岡本茉利ファーストリサイタル 明日への出発』
1982年1月24日

会場は新宿・紀伊国屋ホール。公演は昼夜二回行われたようです。
今回の舞台の構成は、ボカンシリーズ等でおなじみの笹川ひろし監督が務められました。
この笹川監督の起用に関しては、笹川監督の自伝によれば岡本さんと沢竜二氏が、笹川監督に構成をと依頼をして
笹川監督がアニメファンの方々にも楽しんでもらいたいからと説得され、 引き受けられたのだそうです。
公演のパンフレットには当時存在した”岡本茉利FC”の代表の方のコメントが載っていたり
パンフレットの表紙には笹川ひろし監督が描かれた岡本さんの希少なイラストも載っていたとの事です。

肝心の舞台の内容はと言うと時代劇ベースとミュージカルベースの二部構成で
第1部のお芝居の演目は「今昔かぐや姫」と言う物で
岡本さんの役所はおそらく主人公であろうかぐや姫役でした。
ゲストは水島裕さん、中尾隆聖さん、井上和彦さん、小原乃梨子さん、
石丸博也さん、吉田理保子さん、つかせのりこさん、富山敬さん(ナレーション担当)

岡本さんとは「スパンク」、「ボカン」シリーズで共演された方が多くゲストに選ばれたようです。

その後の第2部は「アニメを唄う」と題し
岡本さんがタイムボカンシリーズの主題歌や、「おはよう!スパンク」の主題歌はもちろん、
演歌から、果ては『ギンギラギンにさりげなく』などのヒット曲までを唄うと言うコーナーでした。
このコーナーでは、

・和服姿(演歌を歌っている際の衣装でした)

・ラメ入りのタンクトップ姿(おそらく激しい曲を歌う際の衣装だったと思われます)

・白い衣装(後述の「アニメージュ」誌に載っていた写真としては、この写真が一番大きかったです)
と色々な衣装を着こなす岡本さんのお姿も見られたようです。

第一部の「時代劇ベース」の方はともかく
第二部の「ミュージカルベース」の方は高齢のお客様が多かったせいで
正直言って、外していたような感がしたと言うレポートも見られます。
何にしても、映像化していたら、是非とも見てみたい公演だなとは思います。

なお、このレポートは、
「アニメージュ」1982年4月号152ページ掲載の公演のレポート記事を中心に
以前私が拝見した公演のレポート等をまとめたです。
この公演の中身に関する詳しい情報をお持ちの方からの掲示板への情報提供をお待ちしております。
(特に第2部で岡本さんがどう言う曲を歌われたか、詳しい方からの情報をお待ちしております)


詳細レポートへ戻る