「”Theタイムボカン祭り2005 ”
ボカンと一発!コンサート!!」 2005年3月26日

このコンサートは渋谷O‐Eastで行われたタイムボカンシリーズ生誕30周年にあたるこの年に開催されたもので
司会は脚本家の小山高生さんと声優の川上とも子さん。
岡本さん以外の出演者は「タイムボカンシリーズ」の実質的な主役である三悪の小原乃梨子さん、八奈見乗児さん、たてかべ和也さんはじめ
ゼンダマン2号の滝沢久美子さん、笹川ひろし監督、作曲家の山本正之先生、神保正明先生、歌手の甲本ヒロトさんでした。
ここでは公演での岡本さん関連の部分のみを紹介させていただき、他の部分は割愛と言う事にいたしますのでご了承下さい。

若草色の着物(お母様が染めた物だそうです) を着た岡本さんが登場。
既にオープニングで五曲を唄ってそのままステージに残っていた山本先生と椅子を二つ並べて
「徹子の部屋」ならぬ「正之の部屋」といった感じでトークを展開。
お互いが初めて会った時のエピソードが語られました。
その後に歌のコーナーと相成りますが…

(曲順)06.チュク・チュク・チャン
この歌は「タイムボカン」影の主題歌と呼ばれる歌で本編だとメカ同士のアクションシーンでよく流れています。
今回はカラオケではなくギターが山本先生、キーボードに神保先生と言う超豪華演奏陣によって行われました。
珍しいタイトルの由来なども披露され、隣に座る茉利さんがとても楽しそうだったとの事ですが
この時に岡本さんが「チュクチュクチャン」を唄っていた?と言う情報を聞いた事があります。
実際に見た訳では無いので岡本さんが唄っていたか否かは不明です。

(曲順)07.花ごよみ
「タイムボカン」挿入歌で岡本さんの持ち歌ですのでこれは確実に岡本さんが唄っています。
本来は丹平役の太田淑子さんとのデュエット曲ですが、今回は太田さんのパートは山本先生が唄っています。
聴いて見たかったなあ〜
この曲を唄い終わると同時に岡本さんは退場して、この後も当然公演が続きます。
この後の岡本さんの登場は最後の全員集合シーンになります。

ここで一人一人が挨拶するのですが岡本さんは
「昨日北海道の公演から帰ってきたところなんです。北海道から帰ってきた良かった!」
と挨拶していました。
岡本さんはこの公演のために前日の北海道の公演を終えてから飛行機で東京まで帰ってきたそうで
北海道から駆けつける辺り相当ボカンシリーズを愛していらっしゃると分かり感慨深いです。
ちなみに最後の挨拶では着物ではなく、違う衣装だったようです。

補足:他にも岡本さんがアイちゃんに扮して「ガンちゃん、行くよ!」と言う台詞を言ったとの報告も
和服姿で登場すると言うお膳立てまでされていましたから岡本さんの持ち歌「うしろすがた」を歌ってくれるかと期待したんですが
残念ながらそうは行きませんでした。

なおこのレポートは色々なサイトの公演に関する情報を元に一部編集を加えた物です。

詳細レポートへ戻る